社台グループとは?

社台グループとは?

競馬をしていると良く聞く言葉が社台です。日本の競馬はこの社台グループを中心に動いており、大きなレースは社台グループの馬が必ず絡んできます。

社台グループ
グループとして世界に通用する馬作りを目標としており、すでに日本においてはいくつもの実績を残している。また、日本国外から数々の日本の競馬史に残る種牡馬を輸入、これがその後の繁栄の基礎となっている。その結果、近年の中央競馬の重賞競走には社台グループの牧場で生産された馬が多数出走しており、日本の競馬界は社台グループがその中心となっている。

なお、日本国外へのシャトル種牡馬ビジネスなどはあまり積極的ではなく、シャトル種牡馬として南半球に種牡馬の貸し出しはしているが、社台の牧場はもっていない。アラブ首長国連邦のゴドルフィンやアイルランドのクールモアスタッドのように日本国外に進出するような予定はないが、世界的にみてもかなり大きな競走馬生産牧場集団である。

では社台グループの馬が何故勝つのか?

競馬 評価 口コミ 社台グループは、グループとして世界に通用する馬作りを目標しており、国内では既に社台の運動会と言われる程社台グループ抜きでは日本の競馬を語れない程になっています。また、日本国外から数々の有力な種牡馬を輸入しており、これが社台グループの発展にも繋がりました。日本競馬界の歴史を変えたサンデーサイレンスも社台グループです。

社台グループが送り出した活躍馬達は一部を上げただけでも

ゴールドアリュール(ジャパンダートダービー、ダービーグランプリ、東京大賞典、フェブラリーステークス)
ステイゴールド(香港ヴァーズ)
ブエナビスタ(阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、優駿牝馬、ヴィクトリアマイル、天皇賞・秋、ジャパンカップ)
ディープインパクト(皐月賞、東京優駿、菊花賞、有馬記念、天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ)
オルフェーヴル(皐月賞、東京優駿、菊花賞、有馬記念、宝塚記念)
ジェンティルドンナ(桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、ジャパンカップ、ドバイシーマC、有馬記念)

など競馬ファンなら誰でも知っているような名馬ばかりです。これだけでも社台グループが競馬界にどれだけの力を持っているかが分かります。

話が飛びましたが、社台グループの馬が何故勝つのか?それは【良血の馬】を多く持っているからです。競馬はブラッドスポーツと言われており、単純に血統が良い馬ほどレースでよく走る確立が上がります。

→更に詳しい競馬情報はここから発信されます