ゴールドアリュール産駒

俺競馬 口コミ
ゴールドアリュール産駒の特徴と口コミ
ゴールドアリュール産駒
ゴールドアリュールの血統
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ニキーヤ Nureyev
Reluctant Guest
ゴールドアリュール産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
ゴールドアリュール産駒の特徴
《代表的な産駒》エスポワールシチー・コパノリッキー・シルクフォーチュンなど

ディープインパクトを始めとするサンデーサイレンス産駒が圧巻したおり日本競馬界ですが、サンデーサイレンス産駒はダート実績はいまいちな馬が多い。そんな中、一頭頑張っているのがゴールドアリュール産駒です。ゴールドアリュール自身も最初は芝で頑張っていましたが、ダートに転向して才能を開花し一気にダート界の頂点へ駆け上っていきました。地方含むダートGⅠを4度も優勝し、最後は帝王賞で惨敗したのをきっかけに現役を引退しました。産駒にもダート巧者の特徴が引き継がれている馬が多いです。ゴールドアリュール自身も東京優駿で5着に入っているように、芝も多少はこなせますがやはり持ち味はダートで輝く馬が多いです。

芝では、ダートの血が騒ぐのか中京や阪神など力のいる馬場で戦績を残しており、東京や新潟などのスピードがいるコースは苦手なようです。パワー型なので中山も得意と思われがちですが、中山での芝戦績が悪い事は覚えておきたいです。

ダートでは、戦績が目立っているコースは札幌・函館・小倉などの小回りコースでの戦績が良く、芝では得意だった阪神はダートでは数字が落ちます。この事から芝でもダートでも、極端なスピードや極端なパワーが必要なコースが弱いという事が分かります。

芝での距離は、2,200m以上の長距離で好戦績を残している馬が多く短くなるに連れてスピード勝負になるので劣勢になる事がわかります。

ダートでの距離は1,800m~2,000mが好戦績でゴールドアリュール自身が中距離のダート馬だったので、その特徴を引き継いでいることが分かります。

重馬場適性は、芝では馬場が悪くなっていくにつれて戦績が良くなり、ダートだと馬場が悪くならにつれて戦績が落ちます。やはり、極端なスピードや極端なパワーが必要なコースが弱いという事が分かります。
ゴールドアリュール産駒のまとめ
  • 芝もこなせるが、スピード勝負にならない馬場やコース、距離が得意
  • 芝は渋った方が、ダートは良馬場が得意
  • 極端なスピードや極端なパワーが必要なコースが弱い

One Response to “ゴールドアリュール産駒”

  1. 名無しのリーク より

    香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業

ゴールドアリュール産駒のコメントを残す