ステイゴールド産駒

俺競馬 口コミ
ステイゴールド産駒の特徴と口コミ
ステイゴールド産駒
ステイゴールドの血統
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
ステイゴールド産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
ステイゴールド産駒の特徴
《代表的な産駒》オルフェーヴル・ゴールドシップ・フェノーメノなど

ステイゴールドは海外から迫り来る大きな種牡馬に対抗できる種牡馬それがステイゴールドです。

ステイゴールド×メジロマックイーンはニックスと呼ばれオルフェーヴル・ゴールドシップ・フェノーメノなど、どれも複数GⅠを勝っている超大物の馬達です。

芝の戦績を見ると、どの競馬場も安定してこなしていますが最も得意としている競馬場は阪神競馬場。続いて中山競馬場です。この事から、パワーが必要な阪神・中山競馬場が得意と言えます。

ダートでは、芝に比べると戦績は落ちますがそこまで悲観する程ではないです。芝の得意コースと違って、中京・京都が目立ち函館・福島も得意で小回りが戦績が良いようです。

距離で見ると、芝は長距離になるにつれて安定し2,500m以上だと戦績が格段に上がります。ダートでは、1,400m~2,000mの戦績は高戦績ですが芝と同じく1,300m以下は数字が下がります。

馬場が悪くなればなるほど真価を発揮する重馬場巧者です。特に芝の不良馬場は圧倒的な連対率・複勝率を誇っています。重馬場も好成績で馬場が悪くなれば迷わず買っても問題ないでしょう。
ステイゴールド産駒のまとめ
  • 適性の偏りが顕著な数字がみられ、芝はパワーのある馬場。ダートは小回りコースが得意。
  • 芝・ダート共に長距離になるにつれ戦績が上がり、瞬発力勝負の1,200mは苦手。
  • 芝・ダート共に重馬場・不良馬場が得意。

ステイゴールド産駒のコメントを残す