タニノギムレット産駒

俺競馬 口コミ
タニノギムレット産駒の特徴と口コミ
タニノギムレット産駒
タニノギムレットの血統
ブライアンズタイム Roberto
Kelley’s Day
タニノクリスタル クリスタルパレス
タニノシーバード
タニノギムレット産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
タニノギムレット産駒の特徴
《代表的な産駒》ウォッカ・スマイルジャック・セイクリッドバレーなど

タニノギムレット自身は現役時代、重賞4勝していおり、東京優駿も制したダービー馬です。日本ダービーを制した後、秋からのシーズンを目指し神戸新聞杯から菊花賞を目指すローテーションを組まれた直後に屈腱炎を発祥し引退した。タニノギムレット産駒と言えば、あのウォッカが有名だ。

芝を見てみると、一番数字がいいのは函館だがそこまでの差はなくどこの競馬場も難なく走れると考えてもいいだろう。父タニノギムレットやウォッカの影響で東京が得意というイメージがあるが、確かに中央競馬場で僅差で東京の戦績が良いが、どちらかと言えローカルの方が得意な馬が多い。芝に比べると、ダートは苦手傾向で重賞で馬券に絡んだ馬もおらず、芝向きと考えて問題ないだろう。

直線1,000mの複勝率が25%を越えており、短距離でも走れない事はないが父と同様に1,400m~2,400mの距離が一番得意と考えてもいいだろう。こなせるのは2,600mまででそれ以上となると出走経験も少ないが馬券に絡んだ事すらない結果となっている。

馬場だが稍重になると戦績が上がるが重・不良までいくと下がる。基本的に不良馬場は苦手と考えていいだろう。ダートでは特に重・不良馬馬を気にしているようには見えない。

最後にタニノギムレット産駒に多いのが晩成型。年齢を重ねる事に連れて戦績が良くなっていく傾向が見られる。もしかしたら、タニノギムレット自身もそうだったのかもしれない。3歳東京優駿後に怪我で引退したのは非常に残念だ。
タニノギムレット産駒のまとめ
  • 幅広い距離適正があり1,400~2,400mが得意
  • ダートより芝向きで、芝の道悪は苦手でダートは関係ない
  • 東京競馬場も得意だが、ローカルも走れる

タニノギムレット産駒のコメントを残す