ネオユニヴァース産駒

俺競馬 口コミ
ネオユニヴァース産駒の特徴と口コミ
ネオユニヴァース産駒
ネオユニヴァースの血統
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
ネオユニヴァース産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
ネオユニヴァース産駒の特徴
《代表的な産駒》ヴィクトワールピサ・ロジユニヴァース・デスペラードなど

ネオユニヴァースはサンデーサイレンス産駒で皐月賞と日本ダービーを制した名馬。ディープインパクトなどと違って、キレッキレな脚を使う訳ではなく地味に強く良い脚を使うタイプ。3歳ダービーまでは圧倒的な強さで頭角を現していたが、ダービーの後に宝塚記念出走後は戦績が安定せず惨敗を続けた。4歳春の天皇賞・春で大敗した後そのまま引退となった。

コレと言った特徴のある強さはなかったが、種牡馬になってからは初年度産駒にアンライバルド、ロジユニヴァースなどGI馬を出しており、種牡馬ランキングでもTOP10に入り続けている。そんなネオユニヴァース産駒の戦記を見ると…

芝で見ると、洋芝があるコースが得意で函館や札幌の戦績は悪くないが、ある程度スピードが必要な新潟・中京が苦手。ダートコースは小回りコースの戦績が目立ち、福島・函館・小倉・新潟などの好走率が高い。

距離で見ると、芝は短距離(1,300m以下)は苦手としており、2,200mを越えると戦績が良くなる中長距離系が多い。マイルから中距離は苦手ではなく、標準的に走る。ダートも芝と似ていて長距離につれて戦績を残しており、特に1,800m以上のレースは高い複勝率を誇っている。ダートも短距離は苦手。

スピードがない産駒が多くパワー型なので重馬場も得意と思われがちだが、芝・ダート共に重い馬場は苦手。どちらも良馬場の方が得意と思って問題ないだろう。
ネオユニヴァース産駒のまとめ
  • ネオユニヴァース自身と似ていて、パワー型で地味な馬が多い
  • 洋芝が得意で札幌・函館競馬場では買いだが重馬場は苦手
  • ダート好走例が多く、芝からダートへの舞台代わりは要注意

ネオユニヴァース産駒のコメントを残す