フジキセキ産駒

俺競馬 口コミ
フジキセキ産駒の特徴と口コミ
フジキセキ産駒
フジキセキの血統
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston’s Mill
フジキセキ産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
フジキセキ産駒の特徴
《代表的な産駒》キンシャサノキセキ・カネヒキリ・ドリームパスポートなど

cはサンデーサイレンスの初年度産駒で、これからサンデーサイレンスの時代を予感させた馬の一頭だ。新馬戦を1.3秒差のタイムで完勝するとそのまま怒涛の4連勝で勝ちあがり皐月賞へ向けて3冠馬出現が期待されていたが、皐月賞前に残念な事に左前脚屈腱炎が判明し、その春より種牡馬入りとなった。

芝コースを見てみると、どのコースも万遍なく走り特に得意なコース・苦手なコースはないと考えてもいいだろう。ダートでも芝と同じくどのコースも走っている。勝率や連対率などはダートのほうがやや高いが、重賞勝ちの数を見ると芝の方が圧倒的に多い。上位クラスまで行くと芝の方に適正があると考えてもいいだろう。

続いて距離だが、結論から言うと1,200m~1,800mがベストと考えてもいいだろう。それ以降は、緩やかな下降線を描いており2,600mはギリギリこなせるが一枚落ちると考えてもいいだろう。フジキセキ産駒のドリームパスポートなどが長距離でも実績を出しているが、絶対数が少なく判断するのは難しいところだろう。

馬場に関しては、芝は不良になるにつれて勝率が著しく下がっているが、ダートは平行線を保っている。芝に関しては、良馬場の方が得意と考えてもいいだろう。
フジキセキ産駒のまとめ
  • 距離適正は1,200~1,800mがベスト。中長距離もこなせるが一枚落ちる。
  • 芝とダートちらも走れる。上級クラスになると芝向きか…。
  • 芝の不良馬場は苦手。ダートは特に問題ない。

フジキセキ産駒のコメントを残す