マンハッタンカフェ産駒

俺競馬 口コミ
マンハッタンカフェ産駒の特徴と口コミ
マンハッタンカフェ産駒
マンハッタンカフェの血統
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
マンハッタンカフェ産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
マンハッタンカフェ産駒の特徴
《代表的な産駒》レッドディザイア・グレープブランデー・ルージュバックなど

ディープインパクトやステイゴールドに次ぐサンデーの血を引くマンハッタンカフェ産駒。特に抜きん出た馬はいませんが、地味ながらも2014種牡馬ランキングでは6位をキープするなど、地味ながらも活躍を続けているマンハッタンカフェ産駒。

マンハッタンカフェ自身は3歳秋に急成長し菊花賞、天皇賞(春)などのG1を制したステイヤーでその特徴は産駒に色濃く受け継がれています。

中央開催の中では阪神競馬場の戦績が良く、ローカルでは福島競馬場が好戦績でパワー型という事が分かります。ダート適正を見ると、産駒にGIを取ったグレープブランデーがいるように適正がありどのコースでも堅実に走っています。

得意な距離を見ると芝は1,400m~2,400mで同じ数値を示していますが、出走回数は1,800~2,000mが一番多くマイルから中長距離に適正がある事が分かります。ダートでも同じと考えていいです!

レッドディザイアなど芝の一流馬が多いので芝適正のが高いように見えますが、ダートの方が安定した戦績を収めています。芝からのダート替わりの馬は注意した方が良さそうでしょう。

データーを見てみると芝・ダートともに良馬場の方が得意で走れても稍重までとなっており、重馬場・不良馬場では戦績が落ちる傾向にありマンハッタンカフェ産駒は天候には注意した方が良さそうです。
マンハッタンカフェ産駒のまとめ
  • パワー型だが、重馬場・不良馬場は得意ではない
  • 中・長距離が安定した戦績で特に苦手コースはない
  • ダートも走るので、芝からダートなどは狙い目

One Response to “マンハッタンカフェ産駒”

  1. 残念 より

    オークスでルージュバックは残念でしたね。勝てると思ったのですが…

マンハッタンカフェ産駒のコメントを残す