ルーラーシップ産駒

俺競馬 口コミ
ルーラーシップ産駒の特徴と口コミ
ルーラーシップ産駒
ルーラーシップの血統
キングカメハメハ kingmambo
マンファス
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
ルーラーシップ産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
ルーラーシップ産駒の特徴
《代表的な産駒》キセキ・ダンビュライトなど

ルーラーシップは、父にキングカメハメハ、母にエアグルーブを持つ日本のサラブレッド。父のキングカメハメハは史上初の牡馬クラシック変則2冠を達成しリーディングサイアーも獲得する歴史に残る優駿。母のエアグルーブは主にオークス・天皇賞(秋)を制し「女帝」と呼ばれる牝馬。この事から分かるようにルーラーシップが良血統馬の一族であり、キングカメハメハの後継者として非常に重宝されている種牡馬。

一口馬主クラブのサンデーレーシングに卸された際、一口450万×40口の総額1億8000万で募集された。2013年から種牡馬として活動を開始し、毎年200頭を超える馬に種付をしている。

ルーラーシップ産駒の大きな特徴としては、父キングカメハメハというより、ルーラーシップ自身に似ている馬が多くスピードよりもパワーが勝っている印象を受けます。早い上がりはもちろん使えますが出遅れ癖があり、スタートは苦手な馬が多いようにみえる。持続力性のある長い末脚を使えるのが魅力だがエンジンの掛かりが遅く、少しズブいのがたまに傷。馬体は父の特徴を良く引き継いでおり、ルーラーシップの生まれ変わりと思うほど筋肉隆々の馬が多い。

芝の戦績を見てみると、産駒の特徴からパワー型で瞬発力がある馬もいるので小回りも広い競馬場も難なくこなせると考えてもいいでしょう。極端なスローペースよりは、ある程度流れた方が能力を発揮できる可能性が高い。

ダート適正を見てみると、父キングカメハメハ産駒は非常に優秀なダートを馬を残しており、ルーラーシップもパワー型の産駒が多いので期待されていましたがダートはまずまずと言ったところでしょうか。ダート戦にも多くの馬が出走しており、結果を残している馬も多いですが平場止まりの馬が多いようです。それでも、他の種牡馬よりは優秀で芝から初ダート変わりの馬は激走する可能性がありますので注意したい血統です。

距離適性ですが、ルーラーシップの特徴を多く引き継いでいる馬が多く距離1800m~2000mがベストで2400mまでと考えて問題ないでしょう。ズブさが目立つ為に、短距離戦はマイナスで長距離は父キングカメハメハがそうだったように長距離がプラスになる可能性は低いと見ていいでしょう。

だが、馬場状態は稍重・重・不良でも何の問題もなくこなせており苦にしていない。他の重馬場が苦手な産駒が戦績を落としている中、その戦績は目を見張るモノがあり激走する可能性が高い。

ルーラーシップ産駒の過去のデータの特筆すべき点は距離による成績差(距離1800m~2000mが最も好成績で、それより距離が伸びると成績が落ちる)は非常に分かりやすくあるものの、競馬場や馬場状態による成績差が無いことだ。これはルーラーシップ産駒の特徴と言え、オールマイティーな能力は非常に優秀。
ルーラーシップ産駒のまとめ
  • 適距離は1800m~2000mで極端な短距離や長距離は危ういか…
  • 瞬発力勝負は苦手かも
  • ダートで買う場合は相手止まりが無難だが、初ダート変わりは注意
  • 重馬場でも問題なく走れており買い時
  • どの競馬場でも得意・苦手意識はない

4 件の口コミ “ルーラーシップ産駒”

  1. 水上 より

    ルーラーシップ産駒って重馬場大丈夫なん?

  2. 匿名 より

    ルーラーシップは現役の時からファンで、ようやくGⅠが取れそうな馬が出てきてホッとしています。あとは、キセキが菊花賞を勝ってくれたら最高に嬉しいのですが…

  3. 匿名 より

    ダンビュライトも勝ちきれないですね。
    瞬発力の無さがハッキリしています。

  4. 長距離どうだろう より

    キセキ菊花賞に出走するけど、距離は持つかな?
    後ろからだし、先行有利な事が多い菊花賞では厳しいかもね

ルーラーシップ産駒のコメントを残す