ヘニーヒューズ産駒

ヘニーヒューズ産駒の特徴と口コミ
ヘニーヒューズ産駒
ヘニーヒューズの血統
ヘネシー Storm Cat
Island Kitty
Meadow Flyer Meadowlake
Shortley
ヘニーヒューズ産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
ヘニーヒューズ産駒の特徴

《代表的な産駒》ワイドファラオ・クイーンズテソーロなど

ヘニーヒューズは父ヘネシーに母Meadow Flyerを持ち父父にStorm Catを持つ馬。

2005年に調教師のパトリック・ビアンコーネのもとでデビューし、2戦目のステークスで15馬身差をつけて勝利するなど、いずれも完勝の3連勝で重賞初勝利を挙げた。

その後GI競走に出走したものの、ホープフルステークス、シャンペンステークスとともに2着に終わった。その後、2006円7月のジャージーショアーブリーダーズカップステークスで、10馬身差の大差勝ちを果たし、続くキングスビショップステークスでは5・1/4馬身差でG1初勝利、ヴォスバーグステークスでは2・3/4馬身差をつけて快勝した。

しかし、G1連勝で臨んだブリーダーズカップ・スプリントでは、スタートでつまづき、馬郡に包まれて先手を取れず、見せ場がないまま最下位に敗れた。レース後に「この世代で最高の競走馬であることはすでに明らかで、繁殖としても魅力的」という判断から、3歳での引退と種牡馬入りが決定した。

ヘニーヒューズ産駒は、芝コースへの出走数は多くないものの1400m以下の短距離戦で好走する傾向にある。一方、ダートでは1600m前後を得意としている。

ヘニーヒューズ産駒は、小倉競馬場で一定の成績を残していることから中央場よりもローカルでの好走が目立つ

ダートコースでは出走数の少ないローカルは参考程度ながら、中央場においてはどの競馬場でも安定した走りを見せている。その一方で、中京競馬場を苦手としていて、福島競馬場と同様に単回値が極端に低く、人気馬が台頭している。

芝コースでの距離短縮は、1400mへの短縮が目立つものの、基本的には距離変更を苦手としている。ダートコースにおいても距離延長を苦手としている。

ヘニーヒューズ産駒のまとめ
  • 芝コースでは1400m以下の短距離戦が得意で、ダートコースでは1600m前後が得意。
  • 芝コースでは中央場よりもローカルでの好走が目立つ。
  • ダートコースでは中央場においてどの競馬場でも安定した走りを見せている。
  • 芝・ダート共に距離変更は基本的に苦手。