シンボリクリスエス産駒

俺競馬 口コミ
シンボリクリスエス産駒の特徴と口コミ
シンボリクリスエス産駒
シンボリクリスエスの血統
Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
シンボリクリスエス産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
シンボリクリスエス産駒の特徴
《代表的な産駒》エピファネイア・サンカルロ・ダノンカモンなど

2014年ジャパンカップを制したエピファネイアで有名になったシンボリクリスエス産駒。シンボリクリスエス産駒の強みはサンデー系と交配出来ること。 2014年の種牡馬ランキングでは11位と下がりましたが、2009年以降トップ5に入り続けておりこれからも重宝されていく産駒だと思います。

芝コースでは新潟・中京と好戦績を残していますが東京競馬場が勝率・複勝率共にトップを示しています。逆に函館、福島などの小回りコースの戦績が落ちている事もあり広々とした左回りのコースが得意という事がわかります。

ダートコースではデータで見ると芝と違ってダートコースでは札幌競馬場が戦績が良く小回りコースが得意としています。

距離で見ると芝では1,600m~2,400mが一番戦績が良くて1,300m以下や2,500m以上では一気に戦績が落ちておりマイルから中長距離を得意としています。ダートでは1,600m~2,000mの目立っており、芝ほど不得意な距離はないですがダートも中距離が得意という事が分かります。

重馬場適正で見ると、芝コースは重馬場でも得意でも不得手でもなく、ダートでは逆に重馬場で戦績が良化していきます。
シンボリクリスエス産駒のまとめ
  • 芝・ダート共に安定した走る馬が多い。重馬場が苦手ではない。
  • 芝コースでは広々とした左回り、ダートでは小回りが得意です
  • 瞬発力ではなく一定のスピードを維持する馬が多い

シンボリクリスエス産駒のコメントを残す