タイキシャトル産駒

俺競馬 口コミ
タイキシャトル産駒の特徴と口コミ
タイキシャトル産駒
タイキシャトルの血統
サンデーサイレンス Halo
Ballade
ウェルシュマフィン Caerleon
Muffitys
タイキシャトル産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
タイキシャトル産駒の特徴
《代表的な産駒》レッドスパーダ・ランヘランバ・ドリームサンデーなど

未だに【史上最強マイラー】と称されることも多い馬で、敗れたのは3歳の時と引退レースで馬体に余裕があったスプリンターズステークスのみ。戦績も素晴らしく、国内では敵なしで海外に遠征しフランスのジャック・ル・マロワ(G1)でも勝利を飾った。産駒も初年度にウインクリューガーはNHKマイルをGⅠを制するなど、活躍を見せたがサンデーサイレンス系の種牡馬に押されていてクラシック馬もおらず、近年は苦戦を続けている。産駒には父親と同じ、短距離からマイルのスピードタイプウが多く見られる。

芝とダートの適正を見てみると【芝もダートも問題なし】の万能タイプと言えるだろう。父もダートでは3戦負けなしの戦績があるだけに、色濃く引き継いだ産駒が多いのだろう。競馬場の戦績を見ると函館・小倉の戦績が良い事が分かる。これは2歳や3歳時にスピード自慢が集まりやすい舞台なだけに比例して戦績が上がるのだろう。他の競馬場は特に目立った特長はないようだ。

距離は父と似た1,200m~2,000mの戦績が目立っており、それ以上の距離になると期待出来ないと言っていいだろう。最後に馬場状態だが、データ上では道悪は特に苦手にはしていないようだ。
タイキシャトル産駒のまとめ
  • 芝・ダートどちらも走れる万能型
  • 距離は1,200m~2,000mまで
  • 不良馬場も問題なく走れる
  • 最近はサンデー系に押され元気がない

タイキシャトル産駒のコメントを残す