ディープスカイ産駒

俺競馬 口コミ
ディープスカイ産駒の特徴と口コミ
ディープスカイ産駒
ディープスカイの血統
Dansili デインヒル
Hasili
Penang Pearl Bering
Guapa
ディープスカイ産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
ディープスカイ産駒の特徴
《代表的な産駒》モルトベーネ、スピリッツミノル、サトノセレリティ

父アグネスタキオン(サンデーサイレンス系) 母アビ

父アグネスタキオンは内国産馬としてクモハタ以来51年ぶりとなる中央競馬リーディングサイアーを獲得。 リーディングサイアー(Leading Sire) とは、ある国、ある地域、もしくは団体において、 1シーズンの産駒の獲得賞金の合計額による種牡馬の順位のこと、または単にその順位で1位になった種牡馬のことである。LSと略す。 ディープスカイの父アグネスタキオンは、芝、ダート両方を器用にこなす適性距離1600~2000の短~中距離で爆発的な走りをする馬だった。

ディープスカイの過去の競走成績から、その距離適性は1600~2400ほどの中距離であることが分かる。 父のアグネスタキオンの特徴である短距離における爆発力も受け継いでいるように思われる。 ディープスカイは芝の経験しかなく、ダートにおいてどれほどの力を発揮できるのかは未知だが ディープスカイの代表的産駒である、モルトベーネ、スピリッツミノル、サトノセレティらが 例外なくダートにおいて好成績を残しているという点から、ディープスカイの父アグネスタキオンの 特徴は見事に受け継がれ、より色濃いものになっているように思える。

ディープスカイの場合、産駒の活躍が父ほどではなく、目立った功績を残している馬はいない。 特徴的なのが、産駒の特性がダートの短距離に偏っており、短距離ダートの条件下において ディープスカイの産駒は功績を残している。

ダートを得意とする馬は全体的に言えば少数派のはずなので、ダート短距離という条件に絞って ディープスカイ産駒は買いだと言える。
ディープスカイ産駒のまとめ
  • ダート、短距離は買い
  • 芝条件では見逃すのが無難
  • 重馬場でも問題なく走れる。不良馬場以外苦手意識はない
  • 1600~2000がねらい目
  • 目立った功績なし

ディープスカイ産駒のコメントを残す