デュランダル産駒

俺競馬 口コミ
デュランダル産駒の特徴と口コミ
デュランダル産駒
デュランダルの血統
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サワヤカプリンセス ノーザンテースト
スコッチプリンセス
デュランダル産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
デュランダル産駒の特徴
《代表的な産駒》フラガラッハ・サンレイデューク・エリンコートなど

究極と言える差し脚。未だに歴代最高の切れ脚はと言われると必ず名前が挙がる馬がいます。それがサンデーサイレンス産駒のデュランダルです。デュランダルは距離1,200mという短距離で最高後からまとめて差す姿は、見る者に希望を与え熱狂の渦に巻き込んでくれました。そんなデュランダルも種牡馬となり活躍していますが、デュランダルにも勝るとも劣らない馬はまだ出てきていません。

芝とダートでの適正を見てみると、デュランダル自身は芝しか走った事がありませんでしたが、産駒の複勝率を見ると差がなく芝・ダート共に兼用の馬だという事が分かります。

コースでは、どのコースも満遍なく戦績を残していますが東京競馬場が若干戦績が良いようです。ダートでは阪神・中山が戦績がいいです。とゆう事から、芝ではスピードコースがダートではパワーコースが得意というが分かります。

距離に関してはデュランダル自身1,600mまでしか走った事ありませんが、産駒も短距離中心かと思えばそうでもなく1,200m~2,400m以上まで満遍なく走っています。ダートも同じです。デュランダル自身の戦績に惑わされないようにしましょう。

重馬場適正は得意ほうではなく、稍重まではこなしますが不良まで行くと戦績が落ちます。前走不良馬場で大敗し、今回良馬場などのパターンは狙い目と言えるでしょう。
デュランダル産駒のまとめ
  • デュランダル自身と違い、どの距離でも走れる
  • 芝・ダート共に走れる。芝はスピードコース・ダートはパワーコース
  • 良か稍重まで。不良馬場が苦手。

デュランダル産駒のコメントを残す