アグネスタキオン産駒

俺競馬 口コミ
アグネスタキオン産駒の特徴と口コミ
アグネスタキオン産駒
アグネスタキオンの血統
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレディー
アグネスタキオン産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
アグネスタキオン産駒の特徴

《代表的な産駒》ダイワスカーレット・ディープスカイ・キャプテントゥーレなど

アグネスタキオンは父サンデーサイレンスに母アグネスフローラを持つ良血馬。期待されていた馬で、新馬勝ちの後ラジオたんぱく杯ではあのジャングルポケット・クロフネ相手に完勝。そのまま弥生賞・皐月賞とデビューから4連勝しに日本ダービーへ向かったが、直前に左前浅屈腱炎を発祥し引退となった。種牡馬になっても初年度からGⅠ馬を輩出し、その後もダイワスカーレットや・キャオウテントゥーレなど続々と名馬が生まれ内国産種牡馬としては51年ぶりにリーディングサイアーに輝いた。しかし、急性心不全のため11歳の若さで急死。残したのは僅か8世代だった。

芝適正を見ると、GⅠ馬を多く出している芝が圧倒的でダートはオープン勝ちが僅か。この結果から見てもアグネスタキオン産駒は芝向きの血統と言えるだろう。中央開催は特に差はなくどこも走ると考えていいだろう。ローカルになるにつれて戦績が落ち始め、特に小回りの小倉・福島が悪いようだ。

距離は1,200m~2,500mまでこなすが一番戦績が良いのは1,600m。短距離よりは中長距離の方が良さそうだが、短距離も走らない訳ではない。長距離(2,600m~)以上となると出走数もすくないが馬券に絡んだ数も少なく長距離は走らないと考えてもいいだろう。

馬場適性だが、戦績は落ちるが他の馬と比べて走らないという訳でもなく、少しパフォーマンスが落ちると言ったレベル。複勝率もそれなりにあるので、不良馬場になっとしても落胆する程えはない。

アグネスタキオン産駒のまとめ
  • GⅠ馬を多く輩出しており、ダートより芝向き
  • 中央開催に差はないが、ローカルコースは苦手
  • 中長距離型だが短距離も走る。長距離は全く走らない。
  • 重・不良馬場もこなせるが一枚落ちる

アグネスタキオン産駒のコメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)