リーチザクラウン産駒

俺競馬 口コミ
リーチザクラウン産駒の特徴と口コミ
リーチザクラウン産駒
リーチザクラウンの血統
スペシャルウィーク サンデーサイレンス
キャンペンガール
クラウンピース Seattle Slew
クラシッククラウン
リーチザクラウン産駒の適正
コース適性
ダート
距離適性
短い
長い
脚質
逃げ
追込
成長
早熟
晩成
重馬場
得意
苦手
リーチザクラウン産駒の特徴

《代表的な産駒》エスケークラウン、キョウヘイ、ニシノアップルパイ、ニシノオウカン、セイウングロリアスなど

リーチザクラウンの父はサンデーサイレンス系のスペシャルウィーク、母はクラウンピース、日本生まれのサラブレッドだ。

リーチザクラウンの特徴は、リーチザクラウン自体よりも、その産駒達の出来の良さである。リーチザクラウンの産駒は出走頭数11頭のうち、エスケークラウン、キョウヘイ、ニシノアップルパイ、ニシノオウカン、セイウングロリアスの5頭が勝ち上がっている。

リーチザクラウンの競走成績を見てみると、なぜ種牡馬になれたのか一見すると分からないほど、大した功績は残していません。種牡馬としては珍しく、G1未勝利馬です。

大した功績は残せていないものの、その良血統から種牡馬になることとなった。

リーチザクラウンは現役時には活躍しなかったが、種牡馬として活躍できるケースもあるという良い例だ。

リーチザクラウンの競走成績を見ると、芝1600もしくは1800が最も好成績で芝2000を超える距離での成績は良くないことから、リーチザクラウンの適性距離は芝1600~1800の短距離だと言える。2000以上のコースになると、成績が著しく良くないことと、その血統から長距離は不向きであると考えられる。

また、リーチザクラウンの競走成績からコースの違いによる影響はほぼなく、適性距離であれば、コースの特徴に左右されずに走ることができる。

リーチザクラウン産駒のまとめ
  • 長距離では注意が必要
  • 競馬場に左右されない
  • 馬場状態による影響も少ない
  • 非サンデーサイレンス系との相性が良さそう
  • 芝の短距離で本領発揮

リーチザクラウン産駒のコメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)